高齢農家イメージ写真

僕が野菜栽培レッスンプロになった理由

僕が野菜農家に弟子入りしたのは、2002年の事です。

その頃、酸性雨の問題に関連して、「森林土壌調査」と言うのをやっていたのですが、
農地について調べられないかと言われて、畑の土壌診断を始めるようになりました。

ある時、安全な野菜が手に入らないかと言うご相談を受けて、
「師匠」になってくれた野菜農家の人に相談したら、

「そんなもの、自分で育てて売ればいいじゃないか。
作り方なら、俺が教えてやる」

と言う返事されました。

ところが、「俺が教えてやる」と言った「師匠」は「教える」事ができないのでした。

野菜栽培の腕は一流で、
30メートルぐらいの長さの畝(野菜を植えるために土を盛り上げた場所)を、定規も使わず、
紐も張らず、

クワ一本で真っ直ぐに作り上げてしまう事が出来る人でした。

しかし、「説明する」と言うことが出来ず、
自分がやってみせた後、
「やってみろ」と言うだけでした。

そこで僕が「やってみる」と「違う」と怒鳴りだす事が度々でした。

「どこが違うんですか?」と聞くと、
「お前は、そうやって理屈を言うから嫌いだ。
俺は気分が悪い。
今日は帰る」

と言い出します。

「そんな事を言わないで教えて下さいよ」
と頼んでも、
「今日は帰る、
明日、また来い」

みたいな事を言って、
本当に畑からいなくなってしまうわけです。

こうした経験を経て、
僕が考えた事は、

スポーツでも音楽でも
プレイヤーとして優れている事と
「教え方がうまい」事は別物だけど、

農業も一緒じゃないかと言う事でした。

音楽教室とかスポーツ教室とか、
「プレープロ」の他に、「レッスンプロ」がいる。

だったら、僕は野菜栽培のレッスンプロになろう
そう思ったわけです。