1歳と24歳の菜園デビュー

1歳と24歳の菜園デビュー

立冬前のかわぐち菜園クラブ。

やってきたのは24歳のピッカピカ。

実は田舎でお父さんが農業をしているとか。

趣味がないので、どうしたらいいかなぁと
お母さんに相談したら、

週末農業が流行っているからやってみたら
と言われての菜園デビュー。

最初はクワの使い方の練習、
それから溝を掘って、
土を盛り上げ、野菜を植える「畝」を
作ります。

「これが標準的な『畝』の作り方です」
と説明すると、

「『畝』ってなんですか?」
って聞いてきました。

「野菜を植えるために土をこういう風に盛り上げた場所の事です。
もっとも、農業の用語は方言も多いから、田舎では違う言い方をしているかもしれませんね」
とお返事すると、

「ばあちゃんが何言ってるか、私分かんない事が多い」

まあ、これからはお父さんやおばあちゃんと、
野菜談義ができるかな?

ところで、パパに抱っこされてやってきたのは、
やっと歩けるようになった1歳2ヶ月のボク。

冬に向かう菜園で、
ママが不織布を張って、
お野菜を温めようとしている横で
パパと一緒に、
お他所のお姉さんにご挨拶。

これからもよろしくね。